▶Smoking Blues

 

3年前、私はある病気がキッカケで、

それまで20年以上続いた喫煙生活にピリオドを打つことになる。

以来、私は1本も煙草を吸っていないが、

街へ出ると喫煙している人々がやたらと気になって仕方がない。

 

2003年5月から施行された、受動喫煙を防止する健康増進法によって

喫煙できる場所が極端に少なくなり、その結果、

喫煙者は煙草が吸える場所を求めて日々彷徨わなくてはいけなくなった。

私も3年前までは常に喫煙スペースを探して歩き回っていた経験があり、

そういう喫煙者の気持ちは痛いほど理解できる。

 

この先、数年後には喫煙スペースが更に減少し、

街で喫煙することが困難になってしまうかもしれない。

そういった喫煙者の悲哀、煙草問題に関する社会的な背景を記録に残しておきたく、

私は日々撮り続けている。

 

Three years ago, I had quit smoking due to my illness. After this, I have never been smoking.

But when I walk through the city, 

I am very curious about smoking people and paying attention to those who smoke.

 

In 2003, there established a health promotion law. 

It restricts people’s smoking in public space and thus, smoking people need to search for the place to smoke. 

They are wandering the city.

 

I can imagine how they feel when they are searching for the place to smoke because I was a smoker. 

And the place will be more restricted in the future. 

 

This is the story of smokers who wander around streets to streets looking for smoking place. 

I wanted to capture the misery of smokers in emotional and social ways.